スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏疑惑

20170712


picture


暑い日が続きますね。
「もう絶対に梅雨明けしている…」と日に三度はつぶやいています。

大雨で崩れた山々や、避難をされている方たちの姿をニュースで目にするたびに、あの雨雲をこちらで引き受けることができたらいいのに…と思う毎日です。


夏の間は企画展などはお休みして、秋以降に向けてじっくりと制作をしています。
どうしても涼しげな色に手が伸びてしまうのが、目下の悩みどころ。

取扱って頂いている大阪のsorajiさんは、7月29日から9月5日まで夏季休暇の予定ですので、ご来店を予定されている方はお気をつけくださいね。


今日もラジオと共に、ひと針ひと針すすめます。

スポンサーサイト

夏至

20170621


picture


西から東へ、雨雲が進んできていますね。
夏至なのにお日様を楽しむことができず、ちょっと残念。

明日から徐々に日が短くなると思うと、夏もまだなのに信じられないような気持ちです。
この雨で紫陽花がより美しくなるのでしょうね。


最近は、気になっていた素材を試したり、初心に返ってmaruブローチをもくもく作ったりしています。
同じ形のブローチでも、その時に凝っている色づかいの傾向がはっきりと出るもので、あとあと振り返ると興味深かったりします。
ちなみに今はインド周辺が気になっています。あとアフリカも…


展示への出展は少し先になりそうですが、sorajiさんに商品をお預けしておりますので、よかったら覗いてみてくださいね。

赤と私

20170602

sorajiさんの企画展は5/30に終了いたしました。
お買い物においしいものに、と思い思いに楽しまれたようですね.。うらやましい!
お越しくださった皆さま、ありがとうございました。

数ヶ月ぶりにひと息つけたところで、気になっていた家の中のあれこれを手入れしたり、酷使がたたって首のヘルニアを発症してみたり(!)、さまざまなジャンルの展示に出かけたり…という日々を過ごしています。


picture


上は少し前に行った展示ふたつ。
「エリック・カール展」と「赤をめぐる旅」展です。

エリックカールは言わずと知れたはらぺこあおむしの絵本作家です。子供の頃にその鮮やかな色づかいと穴の開いたページの斬新さに心を奪われて以来、今もカレンダーやメモ帳などはらぺこあおむしグッズがあるとつい手に取ってしまいます。
展示で原画を見て、色を塗った紙のコラージュで絵が作られていたことを初めて知り、とてもびっくりしました。と同時に、いつも繊細で細かい刺繍をしている身としては、大胆な色づかいやおおらかな線がとてもまぶしく見えました。

はらぺこ~以外の他の作品をほとんど知らなかったのですが、「パパ、お月さまとって!」の夜の描写も美しかったです。
通路が広いので、お子さん連れにもおすすめですよ。



もう一つは既に終了してしまったのですが、三軒茶屋の公共施設で開かれていた「赤」にまつわる展示でした。

私はずっと赤という色が得意ではありませんでした。
きっかけは小学生の時、友達に「赤が似合わないね!」と無邪気に言われたことが始まりだったような…笑
赤という色から感じる押しの強さが苦手で、ファッションも刺繍に使うビーズも寒色系が大好き、青や緑・ベージュなどに自分らしさを感じながらずっとここまで生きてきました

ところが、ここ最近刺繍品をご覧になった方から「赤いブローチはないの?」と尋ねられることが時々あって、お好きな方がいるなら…と徐々に赤のアイテムも作るようになりました(といってもごく少量ですが)。
初めのうちは、赤の使い方が難しくて苦しくて、制作にもすごく時間がかかっていました。でも意識して色々な赤を見るうちに、他の色と同様に赤にも種類があって、心惹かれる赤があることや、色合わせによっては強いだけでない面も引き出せることに気づいていったのです。

そんな風に赤への意識が変わってきた矢先にこの展示があることを知り、「天啓か!」とばかりに三軒茶屋へ向かった次第です。

展示量はさほど多くなく、染料/顔料の見本だったり日本における赤の意味の解説だったのですが、展示内容うんぬんよりも赤と向き合う気持ちを強くさせてもらう機会となりました。


余談ですが、実は私は大のマルチカラー好きだったりもします。
寒色命のはずなのに、たくさんの色が入ったキリムやカラーネップ入りのセーターなどに胸がときめくのも事実…
我ながら色の好みは不思議だなぁと笑ってしまいます。


そんな風に色と仲良くしたり、時にパンチをくらいながら、これまで以上に自由な色使いの刺繍品もご覧頂けるように、ますます精進していきたいです。


natural born colors

20170508


picture


ゴールデンウィーク、お休みだった方もお仕事だった方もお疲れさまでした。
日常が戻ってきましたね。

さて、今年も取扱店であるsorajiさんの企画展に参加いたします。

--------------------------------------

「natural born colors」

5/26(金)-5/30(火)
11:00-17:00

そばにいてほしい色、
金銀白黒…をテーマに
美しいものたちを集めました。

・タペストリー 
arcoiris-emma 
Lara Rhea
・アクセサリー 
立田暁子 
coeurya.
渡辺ゆみ
SAWA
a hINT of 谷口聡子
・陶器 
岡野香
birbira
・ガラス
角田依子
・SWEETS
cafe308
HIKE

--------------------------------------

カレーやデッカオや
WOOST×sobaeのフードイベントも開催予定だそう。

詳しくはお店のblogやインスタグラム(soraji_2006)をご覧くださいませ!

soraji
大阪府豊中市西緑丘2-4-16
TEL 06-6850-7207



連休中、落語を聞きに行ってきました。
落語人気ふたたび…と言われていますが、確かに大盛況!満員札止めとなり立ち見も出ていました。
お弁当をつつきながらお昼から夕方まで、ゆったりとした雰囲気の中たっぷりと楽しませてもらい大満足でした。

ご存知の方も多いかもしれませんが、高座のそでから入ってくる噺家さんは、まずは雑談めいた話を始めます。そのうちにやおら羽織紐を解き始め、羽織の両腕をすすすと抜いたら本題(?)が始まる合図。
その所作のさりげないこと…!こなれた感じがとても恰好よく、見とれてしまいました。

どんな職業でも、プロフェッショナルの動きは美しい!



ありがとうございました

20170426

クチュールジュエリー展、24日に終了いたしました。
写真を少しだけ。


picture

終盤に撮ったのでだいぶ歯抜けですが…


picture


picture

会場装飾もとってもきれい。
海を渡るというイメージで吊るされた青い飾り、とモダーンな床。


初めてのお客さまはもちろん、展示のたびに見に来て下さる方、昨年ブローチを選んで頂き、気に入ったからと今年もお越しくださった方、前日にお求め頂いたお友達のピアスをご覧になって翌日ブースにお立ち寄りくださった方…お一人ずつとお話しした内容を思い返すと嬉しい気持ちでいっぱいになります。

お話好きの方が多いのはやっぱり大阪!拙い説明ながらも、楽しく店頭に立たせて頂きました。


お越しくださった皆さま、誠にありがとうございました。
アトリエの机の上から旅立った刺繍品が、皆さまのおしゃれを彩るひと品になれましたら幸いです。
最後に、今回の企画展に関してお力添え頂いたすべての方々、友人・家族にも感謝を申し上げます。ありがとうございました!



picture

最終日の朝、気がつけば御堂筋の銀杏の新緑が目にまぶしく、季節の移ろいを感じました。

間もなく5月、大好きな藤の香りが漂ってきました。
外の空気を吸い込んでリラックスしながら、心新たに制作を楽しみたいと思っています。


プロフィール

渡辺ゆみ

Author:渡辺ゆみ
ヨーロッパの古いビーズやシルクの糸で、刺繍のブローチなどを作っています
こちらで制作の様子や展示のお知らせを致します
横浜→大阪→ただいま東京在住
twitter→@beadsembroidery

※オーダー受付は休止中です

* * *

<取扱店>

soraji(大阪 豊中市)

<今後の予定>

2017年11月
東京

* * *

お問い合わせはページ下部の
Contactよりお願いします

画像及び文章の転載・使用を
おことわり致します
一つ一つ大切な作品です、デザ
インのコピーを固く禁じます

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。